CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
はじめに。
このブログは、06.10月に誕生した 娘*みかん*の 日記です。 みかんは 先天性心疾患である『無脾症候群』 という病気を持って産まれてきました。 念願の3人目誕生を 家族みんなで待ち望んでいたある日、みかんの心臓の異常が発見されました。 そのときからのいろんな想い、現在までの彼女の記録、病気のことを理解したい自分のために、そしてこれからのことを 日記としてココに記録します。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
*↓↓↓私の日記はコチラ。
ようこそ♪
手づくりだいすき☆
カラメル手芸部
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode

*みかん*のへや

先天性心疾患をもって産まれてきた娘*みかん*の日記です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
進級
JUGEMテーマ:育児
 
4月1日、みかん 年中さんになりました。

この東日本大震災で大変な中、進級できたことに感謝します。
また被災地の皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。


みかん、末っ子のせいか、
親としてはいつまでも「幼い」とか「小さい」という想いでみていて、
園服の名札をつけかえているとき、
「もう年中さんかぁ。。」
と、しみじみ思いました。

よくいえば「天真爛漫」

裏を返すと、「自由人」「勝手気まま」「テンションあがると歯止めがきかない」
「パパが好き過ぎてわがままな彼女のようなすね方やいじけ方をする」
等々・・・

全然関係ないことまで入ってますが、、笑

とにかく明るく元気に成長していることは、本当にありがたいことです。


大きくなるにつれ、
今までは気にしないでできたことや 説明しなくてもすんだことなど、
これからはそういうわけにはいかないことも 多々ありそうです。

まだ「昨日」のことを「今日」と言ったり、
やっと1から10まで数えられるようになり、
その先はやっぱりどこか抜けてたり・・・と
まだまだかわいい感じですが、
自分が心臓病だということはわかっています。

どこまでわかっているのか。
それは、手術して胸に傷があって 毎日薬を飲んでいること、
走るとはぁはぁしちゃうことくらいだけど、
「みかん、ここきったんだよねー」
「みかん、しんぞうびょういんなんだよ」(本当は心臓病と言いたい)
と、無邪気に言っている姿をみると、
ちょっと切なくなったりしますが、事実なんです。

逆に大人の方が戸惑ったりするけれど、
隠さず病気のことを少しずつ理解していってもらえたらいいなーと
思ってます。


年中さん、おめでとう☆








| 保育園 | 23:13 | comments(0) | - | |
水ぼうそう
JUGEMテーマ:子供の病気
 
1月に入ってから 乳児クラスから始まった水ぼうそう。

少人数の保育園だが 見事に蔓延し、
免疫を持ってない園児、というか、ほぼ園児全員に感染しました。

時間差で次々感染して みかんにもとうとうまわってきました。。

もう最後の方ですけど。。
2月28日の夜、背中にポツポツ。。


大丈夫かなーという思いもあったけど、予防接種もしてないし、
やっぱかかりましたね。。

今まで2回ほど 感染したかもという疑いがあったけど、
結局大丈夫だったし、その後も予防接種もせずにいました。


園で流行ってたから 気にしていたので すぐみつけることができました。
水泡になる前に病院に行ったから、割とすぐ対処できたと思います。

いつも行ってる小児科の先生も、
心臓の方もあるからしっかり効くように 多めの薬を処方してくれたし、
みかんは熱も出なく、元気でした。

年長さんのねぇねはみかんが産まれる前にやったので、
今回は関係なく過ごしましたが、
ねぇねの時、ねぇねから長男に感染し、
軽くすんだねぇねとはうらはら、
長男は高熱は出るは 発疹は顔や全身にぎっしり出て
結構大変な思いをしました。

だから、熱もなく元気なみかんは発疹も少ないし
でもかゆがってはいたけど、
軽くてよかったと思っていて。
かさぶたになった頃また病院に行ったら
「結構出たね〜」
と先生に言われました・・・

発疹は別に少なくなかったみたいです。。

でもまぁ元気に過ごしてたので よかったですけど。。
お休み中、毎日朝から
「ねぇねのお迎えまだー??」
と言ってました、、汗

確かにいつもねぇねと遊んでいるので ひとりはつまらなくて。
録画した「デカわんこ」をみたり、DVDをみたり。
子ども用のひとつしかないジグソーパズルを 何回も完成させてました。

ジグソーパズル、結構好きみたいで、最初は全然できなかったのに、
あっという間に覚えてひとりで完成させることができるようになりました。

なので、この際 新しいものを買ってあげました。

やっぱり最初はひとりでできなかったけど、
完成の絵を覚えてピースをはめていくみたいで、
2,3回やったらひとりでできるようになりました。

みかん、興味のないことにはまったく知ろうとしないというか、
関心をもたないというか・・・
3歳児健診で赤、青、黄色がわからなかったり、
(その代わり、ピンク、オレンジ、紫はわかった、笑)
上の子たちがお風呂で数を数えているのをよく聞いているのに
リズムだけで ちゃんと数を数えられなかったり。。
やっと最近数を数えられるようになりました。

比べちゃいけないんだけど、
ねぇねと比べると ねぇねはもう少しいろいろわかってたなぁと
思うことがよくあります。

最初は「この子大丈夫かしら??」
とちょっと心配になったりもしましたが、
最近は、本当はやればできるっと
みかんの可能性が ちょっと楽しみだったりもします。


・・・と話はずれちゃいましたが、、、
今もちょっとかゆいみたいですけど
今日から元気に保育園に行っています。

元気なみかんに感謝☆
| その他の病気 | 22:57 | comments(0) | - | |
りんご病
JUGEMテーマ:子供の病気
 
■りんご病
伝染性紅斑、別名、りんご病、第五病などと呼ばれ、
ヒトパルボウイルスB19型というウイルスによっておこります。
両方のほっぺたに大きな赤い斑ができ、軽い風邪にような症状がみられるますが、
大抵発疹以外に症状はみられません。  


長男が12月にかかり、その後、
たぶん真ん中のねぇねがなったのではないかと思われる ほっぺが赤い時があり、
もう忘れかけていた今頃になって、みかんがなりました。。

特別な治療とかお薬とかないので、
自然治癒を待つしかない病気なのですが、
長男もねぇねも熱もなかったので病院には行かず、
学校や保育園にも普通に行ってました。


最近寒くて、乾燥肌だからちょっとひどいのかなーと思ったけど、
やけにほっぺが赤いし、
両上腕部に小さい発疹がたくさん出たのに驚き、
でも少しかゆがるくらいで それ以上ひどくならなかったので1日様子見。
でもその腕の部分が結構ひどかったので、今日皮膚科を受診しました。

乾燥肌がひどいと言われると思いきや、
「おかあさん、これは伝染性紅班ですね。」
と言われました。。
「え〜 また??(また我が家に??の意)」と心の中で。

前日に保育園の先生と
「りんご病っぽくもないですよね〜。」
と話してたばかりなのに。。

なーんだ、、と拍子抜けした自分もいますが・・・

でも原因がわかってよかったです。

あ、みかんはとっても元気です。
発疹が出たころにはもう感染力はないそうなので、
病院が終わった後保育園にいきました。




皮膚科、その人に合う合わないって結構あると思いますが、
今までなかなかいいところに出会わず、
よくならなくて、結局大学病院の皮膚科へってパターンが多いのだけど、
大学病院だと混むし、いろいろ不便だし、
この時期特に行きたくないし。(人混みだから)

なのでちょっと遠いけど、評判がいいと聞いた病院へ初めて行ってみました。

でも結局りんご病だったので、いいのか悪いのかまだわかりませんが、
また何かあったらこちらに受診しようと思います。



| その他の病気 | 19:43 | comments(0) | - | |
<< | 2/87PAGES | >>